loading

イントロ&ストーリー

伝説コメディアンの再起をかけた
イギリスツアーは前途多難

1937年、スタン・ローレル(スティーヴ・クーガン)とオリバー・ハーディ(ジョン・C・ライリー)によるお笑いコンビ、ローレル&ハーディは、観客からも批評家からも愛され、出演映画は世界中で上映され、ハリウッド・コメディ界の頂点に君臨していた。
1953年、ローレル&ハーディは、イギリスでホールツアーを開始するも、既に二人は過去の人になっていた。待遇は悪く、客席もガラガラ。互いを笑わせあいながら、過酷なツアーを頑張って続けるうちに、やがて二人はファンを取り戻していくが、ある日の口論をきっかけに、オリバーはコンビ解消を心に決め、スタンに「引退する」と告げる―――。

★ ★ ★

スティーヴ・クーガン×ジョン・C・ライリー
英米代表する実力派俳優が贈る、
軽やかな人生ステップ
スタンディングオベーション!

細身で皮肉屋のスタンを、イギリス出身でコメディアンとしても知られる『あなたを抱きしめる日まで』のスティーヴ・クーガン。ふくよかで陽気なオリバーを、アメリカ出身で『シカゴ』『シュガー・ラッシュ』シリーズなど、コメディからミュージカル、シリアスな作品まで幅広く活躍してきたジョン・C・ライリー。英米を代表する名優が、衣装や特殊メイクの力も借りて、愛すべきコンビを、本物以上に本物らしく再現。二人の演技合戦は必見!
さらにジョン・S・ベアード監督は、ローレル&ハーディの代表作を劇中に散りばめ、映画そのものをローレル&ハーディの作品かのような、愛すべきドラマに仕上げた。多幸感溢れる二人のラストステージに、拍手喝采を贈らずにはいられない。

僕たちのラストステージ

MENU